エンジェルナンバー3333をよく見るあなたへ

この記事ではエンジェルナンバー3333やゾロ目をよく見るあなたへの天使からのメッセージをお伝えしています。


エンジェルナンバー3333のメッセージや意味はあくまできっかけに過ぎません。

本来はこのブログを介さずともあなた自身の守護大天使や他の天使たちと直接コンタクトを取ることが大切です。

この記事はあなたと天使を繋ぐ一つのきっかけとして活用して下さい。

この記事の内容

・エンジェルナンバー3333をよく見るあなたへ
・エンジェルナンバー3333と恋愛
・エンジェルナンバー3333と仕事
・エンジェルナンバー3333と健康
・エンジェルナンバー3333とお金

もくじ(記事一覧)

質問・情報シェア・体験談フォーム

ワンネスピリチュアルYouTubeチャンネル


エンジェルナンバー3333をよく見るあなたへ

わたしたちはエンジェルナンバー3333を通して三位一体性を伝えようとしています。

神、子、聖霊は1つです。

あなたは自分がちっぽけな人間であると思いこみ、しばしば人生の中で悩みを抱え、自分を卑下したりしますが、本当はもっと大きな存在であることを思い出してください。

人間とはなにか?
私とはなにか?
神とはなにか?

これが分かるようになったとき、人は混乱・恐れ・不安から解放され、絶対的な安心感の中で喜びを表現する事ができるのです。

エンジェルナンバー3333と恋愛

神、私、恋人、この3つの存在もまた1つに繋がっています。

世界にはさまざまな繋がりがあり、必ず3点のトライアングルを形成しています。

分離の世界である地球に生まれる時、この繋がりを忘れてしまったかもしれません。

しかし、どこにいても、何があっても、未来永劫この繋がりは続いていくのです。

神を愛して下さい。
自分自身を愛して下さい。
恋人を愛して下さい。

恋人を愛しても自分自身を愛せないのであれば、それは恋人も神も愛していないことになります。

3つで1つだということをどうか忘れないで下さい。

エンジェルナンバー3333と仕事

人生の中で大きなチャンスが3回やってきます。

そのチャンスを逃さないようにしっかりとアンテナを張っておいてください。

天使にサポートをお願いしても構いません。

わたしたちは望まれてもいないのに勝手に動くことはできません。

助けが求められた時、喜んで動き始めるのです。

仕事に関する望みがあるのであれば、それをわたしたちに示して下さい。

言葉で伝える、紙に書く、頭の中で思い浮かべる、なんでも大丈夫。

いつも傍で見守っています。


現実世界でビジネスパートナーを組むように、わたしたちをパートナーとして引き入れて下さい。

エンジェルナンバー3333と健康

人は自分自身を肉体だと思っています。

肉体だけだと思っているのです。


しかし、本当は3つの体があります。

それは肉体、感情体、思考体です。

健康を保ちたいのであれば肉体だけに物理的なアプローチをするだけでは間に合わないのです。

ストレスが病の原因のほとんどであることを知っていますか?ネガティブなことを考え、感情的に怒り、悲しみ、嫉妬、恨み、不安を抱く時、感情体と思考体はダメージを受けます。

透視能力を開発した人間は肉体に症状が表れる前にこれら2つの体にダメージが出ているのを見ることができるでしょう。


エンジェルナンバー3333を見たら3つの体を思い出してください。

どれだけ食生活を改善し、運動しようともネガティブな思考・感情を持ち続けているのであれば何の意味もないのです。

3つの体の健康を願って下さい。

休むことなく3つの体の健康を維持している天使にどうか協力して下さい。

エンジェルナンバー3333とお金

あなたは3つのお金を手に入れることができます。


それは生活するためのお金
自らを喜ばせる為のお金
他者を喜ばせる為のお金です。

このバランスを保つことが大切になります。もしも利己的になり、自分だけが良ければそれでいいと思うのであれば、あっと言う間にお金は手元から離れていくでしょう。

他者のためにどれだけ使っても、自らをないがしろにするのであれば、やがて他者を喜ばせるためのお金も逃げていくのです。

そのままいくと最終的に人間は生活に困ることになります。

そうならないために、バランスを保ってください。

どれだけ小さな金額でも良いのです。

大事なのは心です。

エンジェルナンバー3333を見たら、バランスが崩れてきているサインだと思って下さい。

望むのであれば、もっと上手にバランスを保てるようサポートを求めて下さい。

もくじ(記事一覧)

質問・情報シェア・体験談フォーム

ワンネスピリチュアルYouTubeチャンネル

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加