引き寄せの法則に役立つ宇宙の法則3つ

この記事ではワンネスピリチュアルのブログ読者「スピナーさん」から頂いた引き寄せの法則と宇宙の法則に関する情報シェアを掲載しています。

さまざまな法則を理解し、願望実現を成し遂げるのに役立つお話をありがとうございました!

この記事の内容

引き寄せの法則に関する情報シェア
引き寄せの法則に役立つ宇宙の法則3つ
思考は現実化する
世界は自分の写し鏡
宇宙にはリズムがある
対極に見えても本質は同じ

もくじ(記事一覧)

質問・情報シェア・体験談フォーム

ワンネスピリチュアルYouTubeチャンネル


引き寄せの法則に役立つ宇宙の法則3つ

お早うございます☀セドナのスピナーと申します。

このブログがきっかけで夢だった海外移住が叶ったので僕も恩返しというには大したものではありませんが情報シェアで皆さんを救いたいと思います。

僕は様々なスピリチュアル本を読み漁り、もちろんエイブラハムやバシャールといったスピリチュアル本も読みました。

いろんな情報を取り入れることで相対的にいいエネルギーを生み出し、現実創造が早まることに気づきました。

もしかしたらすでにブログの方でもお話されてるかもしれませんが引き寄せの法則にプラスして覚えておくことで役立つと思った宇宙の法則があるのでシェアしたいと思います。

思考は現実化する

これは引き寄せの法則ですね。

やっぱり宇宙の法則の中でも一番強力だと思います。

なのであえて入れさせてもらいました。

分かってるつもりでいても意識できてない人が多いなと思い、自分自身もそうだったので。

改めて覚えておいてください。

思考は現実化します。

かつてアインシュタインが提唱したE=mc2は簡単に言うと全てはエネルギーであると説明しています。人々の思考もエネルギーです。この思考エネルギーはやがて物質化し目の前の現実に現れます。


例え思考の法則を知らなくても、信じていなくても万人に働いています。いいか悪いかに関わらず、本人が考えて信じていることは例外なく現実化するんです。


よく引き寄せの法則などで僕はこんな最悪なことを望んだ覚えはないという方がいますが、過去のいずれかの時点でその最悪なことを考えたんです。

本人が実現を望んでいなくても、そうなるだろう、そうなるかもしれないという恐れを抱いた時点で現実化の歯車は回り始めるんです。


では望まない現実を引き寄せないようにするにはどうすればいいか?答えはとてもシンプルです。


あなたが望むことに意識を向け、その実現を信じれば良いんです。


こうなったらいいな、自分はこれこれを望むと思考してください。考えている時ポジティブな感情が湧き上がるなら望む現実への歯車が回ったサインです。

では本題の宇宙の法則3つにいきましょう。

世界は自分の写し鏡

この世界は自分自身の写し鏡という言葉を聞いたことってありませんか?

目の前の現実はまさに僕たちが創っているんです。


誰かがあなたに対して自己中心的な行動を取り、この人は自己中心的で嫌だなと思うなら、あなた自身も自己中心的なんです。

信じたくないことかもしれませんが、相手は時に僕達を写す鏡になります。


他人の振り見て我が振り直せということなんです。

宇宙にはリズムがある

この世界のリズムは集合意識が作り出しています。

引き寄せの法則のマスターになれば、ずっといい現実を生きることもできちゃいます。龍月先生とかお弟子さんたちはもうその境地に達してる模様。

しかもどんどん良くなっていくので右肩上がりだと思います。

中には一度安定を手に入れたら引き寄せを止めちゃう人もいます。

もうお金ゲットしたしいいや~、仕事が軌道に乗って安定してきたからもうチャレンジしなくていいって感じです。

ただ、現代の人は安定を望みますが心電図を想像してもらえばわかるように波がなくなり一定となったそれが何を意味するのか、あなたならお分かりかと思います。

宇宙エネルギーの資源は無限大です。

だからもっといいもの欲しい!もっとこれがいいって望んじゃいましょう。

対極に見えても本質は同じ

この世界には光と闇、ブラスとマイナス、陰と陽、幸と不幸という相反する2つのものがあります。

しかしこれらは程度の違いがあるだけで同じものなんです。


例え不幸のどん底にいたとしてもその反対側にいくことは可能なんです。

だから今どんなに最悪な現実を生きてたとしても最高な現実にいくことができる。

引き寄せは諦めずに続けてるとちゃんと現実化します。

元ニートだった僕もお金を引き寄せて海外移住で悠々自適な生活送ってるのでみんなもレッツチャレンジ!

もくじ(記事一覧)

質問・情報シェア・体験談フォーム

ワンネスピリチュアルYouTubeチャンネル

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加