量子力学で引き寄せ加速

この記事ではワンネスピリチュアルのブログ読者(たー坊さん)から頂いた情報シェアを掲載しています。

今回は引き寄せの法則と量子力学についてです。科学的な視点から目に見えない引き寄せの法則を分かりやすくまとめてくださいました。

この記事の内容

量子力学で引き寄せ加速
周波数と引き寄せの法則の関係性
引き寄せの法則を作用させる方法

もくじ(記事一覧)

質問・情報シェア・体験談フォーム

ワンネスピリチュアルYouTubeチャンネル


量子力学で引き寄せ加速

こんにちは。たー坊です。俺が引き寄せの法則を腑に落ちて上手く使えるようになったきっかけとなった量子力学と龍月先生のカフェのたとえ話をシェアしたいと思います。量子力学とか周波数を理解すると引き寄せが加速するのでおススメです。

最初は妻がこの手のスピリチュアル系にはまっていて引き寄せの法則についても勧められたのですが最初は何か怪しいなと思って取り合っていませんでした。しかし妻が次々と有言実行(ネットビジネスで年収1億達成、宝くじの高額当選、夢だったジェルネイルのサロンオープンと不妊治療を止めたとたん長女の妊娠など挙げたらきりないです)していくのでさすがに信じました。

とはいえ何故そんなことが起こるのか?理由が分からないとなかなか実践できないという男性も多いと思うので俺なりにまとめたいと思います。

周波数と引き寄せの法則の関係性

アインシュタインのE=mc2「すべてはエネルギーである」という言葉は有名ですが、この物理学の法則を理解することで目に見えない引き寄せの法則についての信念を高める事ができます。

引き寄せの法則は俺たちの思考と感情に反応します。原子核のような目に見えない小さな粒の振動がやがて目に見える物質化にまで変化していくのです。

例えば粘土を捏ねて自分の好きな形を作っていくように、思考を使って理想とするイメージを3次元の世界へと投影していきます。実は思考もエネルギーであり周波数があります。

引き寄せの法則を説明する上で周波数の話はとても分かりやすく、子供でも理解をすることができます。
例えばテレビを思い出してください。俺たちはリモコンを使って見たい番組に周波数(チャンネル)を合わせますよね?これと同じことが現実世界でも起こっています。

望む現実と自分の周波数、波動が合っていくことでようやく見える、聞こえるようになるんです。
そして、現実世界でリモコンの役割を果たすのが思考と感情です。感情が強ければ強いほど法則は力強く働きます。それは人の信念を大きく覆すような奇跡的な出来事にすらなり得るんです。

例えばあなたは火事場の馬鹿力という言葉を聞いたことがあると思います。本来そのような力を出せると本人が信じていなくても、危機迫った状態では普段の何倍もの力が出せるんです。これは信念を願望が大きく上回った時に起こります。

しかし、一過性のもので終わってしまうので少しずつ信念と願望を高めてその効果がずっと続く状態を作り出すのが望ましいです。
では具体的にどのようにすれば引き寄せの法則を使って願望実現をすることができるのか?詳しくみていきましょう。

引き寄せの法則を作用させる方法

まずは望む物や人々、状況を頭の中でイメージします。欲しい物の画像があるならそれを眺めたりするのもいいでしょう。それを手に入れた時、望む状況が現実となったときの事を想像してどんな気分になるか考えてみてください。

多くの場合、喜びを感じることでしょう。このポジティブな感情をじっくりと味わってください。
感情を伴わないor感情が弱い思考だけでは引き寄せの法則のパワーが小さいので、なかなか実現しないため疑いが出てしまいます。
すると「やっぱり無理なんだ」「法則なんてないんだ」が実現してしまうんです。

引き寄せの法則自体はとてもシンプルです。願い、イメージして、必要であれば行動して、あとは実現を待つだけです。
法則に失敗はないので、望み通りの世界を現実化させるかor望まない世界を現実化させるかのどちらかです。

この法則を知らない人は人生は自分の思いどおりにはならない、いい事が起こったら喜ぶし、悪いことが起こったら落胆する。目の前の現実は勝手にやってくるもので、自分ではどうしようも出来ない、未来は変えられないと思っています。
しかし、真実はそうではないんです。人類すべてが自分の意思で目の前の世界を変えることができるし、やってくる現実を選ぶことができるのです。
今、この瞬間から未来を変えましょう。人間にはその力が備わっているんです。

引き寄せに役立つカフェのたとえ話

龍月先生はよく俺たちに例え話を用いて分かりやすく説明して下さいます。
その中でカフェの例え話がとても分かりやすかったのでご紹介しますね。

まず、俺たちはカフェに入ったら注文をします。この作業が思考を使ってイメージする段階です。まず注文をしなければ欲しいものはやってきません。多くの人は最初から望みなんて叶うわけないと思ってるので席についたのに注文しません。

これではいくら待っても欲しいものは手に入りませんね。ひどいときはカフェに行くことすらしません。(何もしない・無気力状態)

カフェで例えばコーヒーを注文したら必ず店員さんが運んでくれます。よく執着を手放すことが大事と言われていますが、なぜかというと信頼して待つことでスピーディーに現実化するからえです。執着というのはカフェで例えれば店員さんにしがみ付いて本当にコーヒーはくるのか?と疑っている状態です。

これでは店員さんは仕事ができません。なかなか現実化が始まらないんです。あと、俺たちはコーヒーを注文しておきながら「やっぱり紅茶の方がよかったかな」「あれ?本当にコーヒーが飲みたかったんだっけ?」と望みがふらふらしたりします。

するとコーヒーと紅茶が混じったものが運ばれてきたりするようなんです。「こんな味のもの注文してない!」って怒りますが現実世界でも同じようなことがしばしば起こります。

おかしい、自分が望んだものはこれじゃないのに、惜しい!なんてことは何度も起こりました。だからこそ本当の望みを明確にすることが大事です。

初心者のうちは願いを一つに絞っておくことをおススメします。

こんな感じで引き寄せの法則はちゃんと科学でも証明されている、だから信じて実践すれば必ず望みが叶います。しっかりと自分の周波数を合わせていくことで現実化するので叶っているイメージをした時に喜びなどのポジティブな感情になるならそれが波動が合ってますよというメッセージって感じです。

ぜひあなたも実践してみてください。慣れてくるといろいろ願ってもあちこちで芽が出るようにいつの間にか叶ったりするので感動しますよ。

もくじ(記事一覧)

質問・情報シェア・体験談フォーム

ワンネスピリチュアルYouTubeチャンネル

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加