スピリチュアルペイン・ケアと執着の手放し方について

この記事ではワンネスピリチュアルのブログ読者(桜さん)から頂いた質問にお答えしています。今回はスピリチュアルケア・ペインと引き寄せの法則を実践する上での執着の手放し方法についてです。

この記事の内容

スピリチュアルペイン・ケアと執着の手放し方に関する質問
スピリチュアルペイン・ケアに関する回答
引き寄せの法則と執着の手放し方

もくじ(記事一覧)

質問・情報シェア・体験談フォーム

ワンネスピリチュアルYouTubeチャンネル


スピリチュアルペイン・ケアと執着に関する質問

癒月あやさん、初めまして。

桜です。

癒月さんの優しいお言葉や元気なエネルギーに何時も勇気づけられています。
本当にありがとうございます。

今回、身体の事ではなくスピリチュアルペインについてワンスピでの龍月先生のお答え、無料セミナーを参加されたK子さんの情報シェアの内容を私もシェアさせて頂く事は出来ないかな?という相談なんです。

何故そう思ったのかというと、私自身元看護師である事、在宅看護・介護の部門でもまだまだスピリチュアルケアやスピリチュアルペインについて不透明である事に働きながら進学した7年前に気づきました。

(私は18才から働きながら准看護師になり7年前に再び進学し看護師になりました。現在は働いていません)

スピリチュアル的な事は宗教との兼ね合いもあるので、なかなかこれが答えだと言えないのもありますし、私も実際のとこ龍月先生の無料セミナーに参加出来なかったので(龍月先生からは前回のQ&Aでスピリチュアルな成長度で情報が来ますとお返事して頂きました)、無料セミナーに参加出来る段階でない事そして今生では学ぶことを決めて来なかったのだろうと理解しています。

ただ
癒月さん、そして無料セミナーに参加して情報をシェアして下さる方々やワンスピのブログを応援して下さる方々からの言葉を読ませもらっている内に、私も真理を学んでみたい、でも…どうしたらいいんだろう…と思っていました。

また、ここ2ヶ月近く(ほぼ毎晩)夢で看護師として働いている自分がいて毎回周りのスタッフからの言葉や態度で嫌な思いをしていました。
そして、私が准看護師になりたての時に亡くなった患者さんがおいでたんですが、桜の咲く時期だったのもあってか最近また良く思い出すこともあり(私の出勤を待っていたようで奥様から”もう亡くなりそうだから桜さんお父さんの傍にいてあげて”と泣きながら言われ駆けつけた数分後に亡くなりました)、やっぱり看護師として現場に戻ったら良いっていう意味なのかな?でも気持ちがモヤモヤする…ずっと行きたい求人も出て来ないし…でも早く仕事見つけて働かなきゃ(←多分ダークエゴ)、何か意味があるのかな?と思ってました。

そんな中、無償の愛で真理を教えておいでるサイトに再び興味が湧いたのでそちらの書籍をサイトで読んでいたら、亡くなる直前の患者さんは、医療スタッフや御家族さんが見ている苦しい表情・姿とは違い、深い眠りに入っていて痛みも苦しみもない事、魂になって行く4次元の世界でのごとごとを知りとても安心しました。

このサイトの事、龍月先生・癒月あやさんが教えて下さる真理の事、K子さんがシェアし教えて下さった事等を、私が数年間モヤモヤしていたスピリチュアルケア・ペインの情報として生かせるのではないか?残された御家族さんのグリーフケアにも生かせるのでは(亡くなったことを受容する為には時薬も必要であること)?私がインスタ等を通じて発信することで、実際のターミナル状態の患者さん、御家族さん達が少しでも安心して旅立つ時を迎えることが出来るのでは?旅立った後の悲しみ・不安を少し軽減出来るのでは? と。
でも、ワンスピのブログに質問された看護師さんのように現場の医療スタッフさん達も一個人の主観だけでは患者さんに答えられない内容でもあるので、少しでも手助けになれたらなぁ、私が発信する情報で安心して患者さんや御家族さんにスピリチュアルケアをして欲しいと思いました。

近い将来、私が発信した内容が絵本寄りの小冊子(書籍)になって、沢山の方々に手に取って見て読んでもらいたい、そして共感し安心して何時か旅立つ日を迎えてもらいたいと思ってます。

癒月あやさん、申し訳ありませんが龍月先生に情報を発信して良いか確認頂けないでしょうか?
無料セミナー中で龍月先生がお忙しいのも重々承知しています。

癒月さんからスピリチュアルケア・ペインについて、そして引き寄せの法則の執着の回避方法についてアドバイスを頂きたいです。

私は、執着が強すぎるみたいでまだ引き寄せの法則が上手に出来ずにいます。癒月さんがアップして下さったカフェのYouTubeも何度も見てます。現実が変わるのを待てないのもありますし、願った後は待つだけなんだと頭では理解をしているんですが…。

上手に発信する自信もない、飽きっぽい性格だから続かないかも知れないし誰の目にもとまらない可能性が大きい、看護大学や研究者の方々に理解してもらうつもりはない、お前なんかの発信に共感する訳ないやろ、自費出版するお金もないくせに夢ばかり見てるな、有名な出版社がお前のインスタなんか見つける訳ない!、とっとと早く仕事見つけろ!働け!とダークエゴがずっと言っていますが
(-ω-;)。

お手数お掛けしますが、宜しくお願い致します。

————————————

癒月あやさんへ

癒月さん
ありがとうございます。

色々文献を探しながら読んでいたら”著作権”の問題が出てくるので、今回私が発信するのを止めようと思います。

ワンスピのブログは龍月先生と癒月さんが管理されているブログですし、私が死後の世界の事を読んだ”シルバーバーチ”の本も著作権問題が引っ掛かります。

シルバーバーチの事について書いておいでるある方のブログに
「 無料公開と言えども著作権は普及会さんが持っておられますので、それを利用するよかならぬ商売根性などを覚えられても著作権侵害となり、ムダにしかならないことを予めご注進申しあげておきます… 」と記されてました。

私はゆくゆく小冊子と思ってたんですが、商売根性に当てはまるんですよね。

ダークエゴのせいかな…。

なので一旦諦めます。
ただ、死ぬ直前から死後の世界のことは自分の知識として、何時しか必要な時があれば不安に思う方にお話してみようと思います。

なかなか自分のやりたいことが見つからないので、改めて宇宙に「私の天職よщ(´Д`щ)カモ-ン」と願ってみますね。

これからも真理についてブログがアップされる事を楽しみにしています。

癒月さん
何時も本当にありがとう。
龍月先生にも宜しくお伝え下さい。

桜より

スピリチュアルペイン・ケアに関する回答

桜さんへ

ご質問ありがとうございました、癒月あやです!

情報シェアについてですが、もちろんOKでした。龍月師匠はよく「神から無償の愛で与えられた教えを同じように無償の愛で返しているだけだから、そこに著作権はないよ。シェアしたかったら自由にしてね」と無料セミナーでみなさんにも話してます。

一度諦めるとのことでしたが、こちらについては必要になったらいつでもシェアして大丈夫みたいです。師匠が「桜さんによろしくお伝えください」だそうです!

以下、スピリチュアルペインやスピリチュアルケアについて私からもお話させていただきますね。

看護師でもなく現場で働いているわけではないんですが、母方の祖父が亡くなる前に辛い思いをしていたことを大人になってから聞かされました。

親戚の中にも病気で亡くなる方が多く、母が以前脳の血管系の病気で入院した際も死への恐怖がかなり強いらしく不安を打ち明けられたことがあります。

その時に師匠から教えてもらった真理について話したのですが、「でも結局死んだ後の世界なんて見たわけじゃないんだから誰も分からないでしょ」「その情報誰が言ってるの?生きてる人が言ってるんでしょ?なのになんで分かるの?」と疑心暗鬼に質問攻めされました(笑)

結局師匠に会ってもらってヒーリングとスピリチュアルケアやスピリチュアルペインに関連することを話してもらったんですが、痙攣の原因になっていた血管の異常が治って頭蓋骨を切る予定だった手術も必要なくなったことで母も師匠の話を信じました。

「宗教は怪しくて信じないけど龍月さんなら信じるわ」って言ってたんです。

とりあえず死に痛みはないこと、輪廻転生はあるので今生の経験はちゃんと役に立つこと、また生まれ変わって人生をやり直せることを信じて安心していました。

亡くなったあと、4次元の世界でも真理の知識は役立つので母も今では真剣に学んでます。

亡くなった後に移る世界もまた細かく分かれていて、その人のスピリチュアル的な成長度合いや現世での行い、思考状態によって分けられるとのこと。地獄はあるけどすべての人に救いがあることを伝えています。

ちなみに生まれ変わりを信じない人には今は前世の記憶を覚えたまま生まれてくる子供も多いこと、科学的な統計もちゃんとあることを伝えるといいと思います。

母のことで改めて思ったんですが、スピリチュアルなことはなかなか信じてもらうのが難しいと思います。でも、娘の私が言っても信じなかったのに師匠なら信じたように「桜さんが言うなら信じるよ」という方は絶対にいます。

スピリチュアルペイン・ケアも人によって対処法は様々だと思いますが、とにかく死は怖いものではないこと、肉体がなくなっても魂は永遠であること、今生の経験はちゃんとデータとして蓄積されるので役立つこと、生まれ変わってまた一からやり直せる。そして、本人が信じて望みさえすれば奇跡だって起こるし今この瞬間から幸福は得られる。どれだけ絶望の淵に立たされようと救いはあるということを伝えてあげてください。

よく「つまらない人生だ」「不幸な人生だ」という人がいますが、つまらない・不幸を経験したから今度は楽しくて幸福な人生にしようと決意することもできます。真理を知らないとまた同じことを繰り返すので、私はたくさんの人に知ってもらいたいと思ってます。

例え信じなくても「もし今、時間もお金も健康も人間関係も制限なく何でも望みどおりになるならどうしたい?」「もし生まれ変わったら今度はどんな人生にしたい?」と望みを引き出し、思考を少しでもポジティブな方に向けることが大切かと思います。

セミナーで師匠たちが意識的に体外離脱して4次元行ったり、その時の体験を楽しそうに話してるのを聞いてると羨ましくてしょうがないです。私にとっては死も死後の世界も怖いものではありません。肉体の死は終わりではなく旅の途中経過だということを知っているからです。

引き寄せの法則と執着の手放し方

引き寄せの法則では執着を手放すのが大切ですが、今までの癖や疑い、ダークエゴの邪魔が入り素早く実現しないことってありますよね。

そのため、桜さんの場合メインとは別の願望も出して(執着の分散)、待つ間は楽しいこと・好きなことをやる時間を増やす(分散で遅れた引き寄せを加速する)のをおすすめします。

例えばレストランではメイン料理(メインの願望)は時間がかかるものですよね。執着が大きくなればなるほど余計に時間がかかってしまいます。「まだこない、まだこない」とネガティブになってそのまま注文キャンセルしちゃう方も多いんです。あと少し待ってたら料理が運ばれてきた(願望実現した)かもしれないのに…。

そうならないために色んなものを注文してみてください。例えばレストランでドリンク、スープ、サラダも注文するとか。簡単なものはすぐに運ばれてくる(小さな願望はすぐに現実化する)ので「あ、このお店はちゃんと注文したものを運んでくれる(引き寄せの法則はちゃんと働いてる)」と信じることができます。引き寄せの法則で大事な信念の強化です。

あとは待ってる間に本を読んだり、一緒に来た人と楽しくおしゃべりしたりするように現実世界でも自分が好きなことをするんです。私ならスマホゲームで遊びます。歌、ダンス、手芸、絵を描くなど、自分が好きなことならなんでもOKです。感情の強さに比例して引き寄せも早くなります。

好きなことをしてたらあっという間に時間が過ぎていたという経験は桜さんもしたことがあると思います。それと同じでいつの間にかメイン料理が運ばれてくるんです♪

喜びのエネルギーは強ければ強いほど願望実現を加速させるので車のたとえ話も参考にしながら是非実践してみてください。

ちなみに質問の内容を見る限り桜さんは現在「上手に発信する自信もない、飽きっぽい性格だから続かないかも知れないし誰の目にもとまらない可能性が大きい、看護大学や研究者の方々に理解してもらうつもりはない、お前なんかの発信に共感する訳ないやろ、自費出版するお金もないくせに夢ばかり見てるな、有名な出版社がお前のインスタなんか見つける訳ない!、とっとと早く仕事見つけろ!働け!」という注文をしてしまっているので、これを運ばれたくない(現実化させたくない)場合は速やかにキャンセルしましょう。

現実世界ではキャンセルの一言で済みますが、引き寄せの法則はそうもいきません。ここでは思考が言葉になります。そのため、繰り返しになってしまいますが改めて望みに意識を向け直すことが大切なんです。

それと、「やりたいこと」と「やらなくちゃいけない事」、好きなことと仕事がごっちゃになってしまい本当の望みを引き出せない方が多くいます。

もし桜さんが仕事をやりたくてやりたくて仕方ないなら「私の天職よщ(´Д`щ)カモ-ン」という願いでOKなのですが、もしも違うならシンプルに「自分が本当にやりたいことを見つけたい」と望んでみてください。

執着しているとせっかくやってきた情報やチャンスを見逃してしまうので視野を広げてみてくださいね。息抜きに好きなことをしてたら意外なところでやりたいことが見つかった、なんてこともあるかもしれません。宇宙のギフトは無限大です!

もくじ(記事一覧)

質問・情報シェア・体験談フォーム

ワンネスピリチュアルYouTubeチャンネル

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加