病気のスピリチュアルメッセージ

この記事ではワンネスピリチュアルのブログ読者「林正明先生」から頂いたスピリチュアルに関する情報シェアをご紹介しています。

人はなぜ病気になるのか、病気が伝えているメッセージを分かりやすく伝えて下さりありがとうございました!

この記事の内容

人はなぜ病気になるのか
病気のスピリチュアルメッセージ
病気を治し病気になれない体になるための方法

もくじ(記事一覧)

質問・情報シェア・体験談フォーム

ワンネスピリチュアルYouTubeチャンネル


人はなぜ病気になるのか

初めまして。石川県で整体院と針灸を営んでいる林正明と申します。

物質的に患者さんの体の不調を癒しながらこちらのブログで紹介されているようなスピリチュアルメッセージも一緒にお伝えしています。

というのも、僕自身が片方だけでは本当の癒しには繋がらないのだなと経験したからです。

昔、龍月先生のセミナーに参加して感銘を受けたのがきっかけでした。

当時まだ小規模で行っていた際に人はなぜ病気になるのかというテーマでお話されていました。

そんなの遺伝や悪い生活習慣のせいに決まっている、何を当たり前のことを…と当時の僕は整体師としての知識から少し馬鹿にした感じで思っていました。

お恥ずかしい話ですが調子に乗っていたのです。そしてスピリチュアルを見下していました。

その時、今でいうダークエゴや体の健康を維持している大天使、エネルギーのお話を聞きました。

簡単に言うと病気は本来健康維持のために使われるエネルギーの枯渇から起こるとのことでした。

僕たちのネガティブな欲望、思考などでダークエゴが活性化し大事なエネルギーが奪われてしまうというのです。

その時の僕は頭にハテナが浮かぶようでした。

ですが実際に龍月先生の奇跡的なヒーリングを目の当たりにして言葉ではなく体験として理解したのです。

ああ、物理的なアプローチだけでは駄目なのだと。

よく学びや気付きを得ると病気が癒えるといいますが、まさにそれが人の健康を邪魔してくるダークエゴ浄化の恩恵なのです。

病気のスピリチュアルメッセージ

一言でいうなら貴方は道を間違っていますよ。というメッセージになります。

では道とはなんなのか?

大きなカテゴリーで言うなら真理への道です。

僕たちはもともと一つの存在、ワンネスであり其処へ最終的には皆が帰っていく。

しかし現在の人間としての僕たちが間違った方向へと進んでいるともうそれ以上進めない様に病気という形でストップが入ります。

真理とはすなわち愛への道なので、愛に反する道を進んでいると100%確実に病気になります。

この100%というのは僕の患者さんに許可をいただいて取らせていただいたデータです。

簡単にご説明しますと自他関係なく愛のない思考・発言・行動をしていた又はしているか?という問いに対し来院された人が全員YESと答えたのです。結果は明らかでした。

そして小さなカテゴリーでいうと今生こそやろうとしていたゴールへの道です。

これは人それぞれテーマが違います。

誰かはアイドルになることだったり、誰かは医者になることだったり、また誰かは幸せな結婚生活をすることだったりするでしょう。

程度や規模の差はあれど、なんらかのテーマや課題をもってこの地球へと戻ってきます。

これらをクリアするまで何度でも輪廻転生するんですね。

病気を治し病気になれない体になるための方法

かつて大きな病気を経験し、現在はもう病気になれないんだよなぁと話す友人の話をシェア致します。

彼は医療従事者で、昔から人の痛みや病をどうすれば本当の意味で癒すことができるのかと考えている男でした。

そしてたどり着いたのが医療とは真逆にあるようなスピリチュアルな世界だったのです。

しかし彼はこう言います、スピリチュアルほど科学的なものはないと。

彼は個人で医院を持っていたため取り入れた知識はすぐに実践する男でした。

自分のように病気で苦しい思いをしてほしくない、患者さんにとっていいと思えることならなんでも情報提供するという姿勢だったのです。

彼が患者さんに治療の傍らスピリチュアルを教えるようになってから再診に来る人がピタッといなくなったというのです。

それでは医者としてやっていけないのではと心配したのですが寧ろスピリチュアルな教えのお陰で年収が2.5倍になったといいます。

どうやら本も売れているようです。

その中の教えを許可をもらったので掲載したいと思います。

まず、病気を治すには休むことが必要です。これは思考も含まれます。

僕たちは愛から反するような思考をしたときから病気のカウントダウが始まるのです。

だからまずその原因を止め、愛の方向へと思考を変えていく必要があります。

例えば彼は毎日どんな些細なことにも感謝すると言います。

朝起きたときにありがとう、朝食にありがとう、仕事場へ向かえる足にありがとう…このような感じで1日にするととんでもない数のありがとうを言ってることになります。

本当は彼のレベルになると1日1回でも十分なんだそうですが、もう癖になっていて思ってしまうんだとか。

病気の人はまずはたくさんのありがとうを見つけてくださいということです。

ついつい症状に意識が向いてしまい、痛い、怖い、不安だと思ってしまいますよね。

そんなときは物理的に対処して痛みを和らげ、すぐに健康や感謝できることに意識を向けてみてください。

例えば、歯の一本が虫歯になったとしてその虫歯に意識を向けるのではなく、他の全部の歯は健康なんだよなぁ…美味しいものを噛むことが出来る、ありがたいなぁ。という感じです。

あなたは今この記事を見ていると思います。

ならば目玉がついてますね。

目があるおかげで綺麗な景色を見れますね。

誰かが電波やネットワークの仕組みを作り、パソコンやスマートフォンを開発してくれたおかげで今こうして記事を見れていると思います。

普段当たり前のように見ていますが、今ここで記事を見るためにたくさんの人の努力があったことを考えてみてください。

最初のうちはたくさんの感謝を見つけるのがポイントです。

先ほども言いましたが、友人のようにスピリチュアルレベルが上がってくると一度の感謝でとてつもないエネルギーとなるため何度も思う必要はありません。

ぜひその境地を目指してください。

そして朗報があります。

感謝を癖にすることでお守りのようにあなたを守ってくれるエネルギーが作られるので、病気になれない体になります。

病気や症状を発症させたときのように長い時間を使って引き寄せようとすればまた病気になれるでしょうが、わざわざそんなことはしませんよね。

愛に思考を向けてポジティブに生きてください。

それが何よりの健康法なのです。

もくじ(記事一覧)

質問・情報シェア・体験談フォーム

ワンネスピリチュアルYouTubeチャンネル

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加